NDフィルターのキャリブレーション

NDフィルターの購入

映画風のシャッタースピードの確保、回折の悪影響の回避など、動画を撮影する上でNDフィルターの必要性を痛感していました。
先日、Amazonで購入しました。NEEWER製の安いNDフィルターのセットです。
ND2、ND4、ND8の3枚入り、ケース付きで1,000円しませんでした。

NEEWERはm4/3やSony Eマウントのマニュアルフォーカスの交換レンズをバカ安で売っている、中国のメーカーです。
割り切って使えばとても役に立ちそうな製品を作る、個人的には好感度の高いブランドです。

DSCN1185

レビューを読むとそれなりに色転びがあるということなので、補正値を調べることにしました。
ちょっと面倒ですが、高価なものを購入しても補正ゼロで使えるとは限りません。


キャリブレーション方法

DSCN1179

フィルターを装着し、さらに豆腐の容器をレンズの先に被せて、太陽に向けてrawで撮影します。
撮影後のrawファイルをLightroomのホワイトバランス「自動」で現像し、数値をメモします。こんな感じです。

なし 色温度:5000 色かぶり:+7
ND2 色温度:5150 色かぶり:+8
ND4 色温度:5300 色かぶり:+7
ND8 色温度:5700 色かぶり:+8

一番濃いND8は、フィルターなしに比べ、700も色温度が異なります。幸い、色かぶり(グリーン⇄マゼンダ)は誤差の範囲のようです。

次に、前回調べて設定した、デフォルトの色温度設定

色温度:6700K 調整:G:3

を基準に、Lr側で700の補正となるようなG7でのカスタムホワイトバランスの数値を探ります。

念のためテスト時の数値を書き留めておきます。

G7:7000/0 → Lightroom:5700/+18
G7:7500/0 → Lightroom:5950/+19
G7:8000/0 → Lightroom:6150/+19
G7:8500/0 → Lightroom:6400/+18
G7:9000/0 → Lightroom:6600/+19
G7:9500/0 → Lightroom:6850/+19
G7:10000/0 → Lightroom:7050/+20

G7:8000/G3 → Lightroom:6200/+10
G7:7900/G3 → Lightroom:6150/+10(ND8)
G7:7000/G3 → Lightroom:5700/+10(ND4)
G7:6900/G3 → Lightroom:5650/+10
G7:6800/G3 → Lightroom:5550/+10(ND2)

調べた結果、

ND2フィルターを装着した時のG7のカスタムホワイトバランス設定:
色温度:6800K 調整:G:3

ND4フィルターを装着した時のG7のカスタムホワイトバランス設定:
色温度:7000K 調整:G:3

ND8フィルターを装着した時のG7のカスタムホワイトバランス設定:
色温度:7900K 調整:G:3

となりました。


テスト撮影

実際に使うであろうND8でテストしてみました。

フィルター:なし 色温度:6700K/調整:G3
↑ フィルター:なし
G7のカスタムホワイトバランス設定は、前回設定した[色温度:6700K 調整:G:3]です。

フィルター:ND8 色温度:6700K/調整:G3
↑ フィルター:ND8
G7のホワイトバランスは変えていないので、フィルターの影響で冷調になってます。

フィルター:ND8 色温度:7900K/調整:G3
↑ フィルター:ND8
G7のカスタムホワイトバランス設定は、[色温度:7900K 調整:G:3]です。
意図通り、フィルターなしの状態とほぼ同じ色調になりました。

Lightroomの「昼光」を再現する

最近はずっと、写真はrawで撮影して、AdobeのLightroom CCで現像しています。
その際、ホワイトバランスはLightroomの「昼光」を基準としています。自分にとってのデフォルトです。

デジカメのプリセットホワイトバランスはメーカーごと・カメラごとに異なるので、基準になりません。
rawで撮影・現像する限りはカメラ側の設定は無視できるので、これまでは特に気にせず使っていました。

ですが、最近動画撮影をすることが増えてきました。
カメラ側の設定をとりあえず「昼光(デイライト/太陽光)」にして漫然と撮影してきましたが、きちんと制御したくなってきました。

そこで、(動画撮影に使っている)DMC-G7のカスタムホワイトバランス機能を使って、Adobe Lightroomの「昼光」を再現できる数値を探してみました。


Lightroom「昼光」

↑ Lightroomのプリセットの設定「昼光」で現像した写真です。ウォーム系(アンバー系)・温調です。Lightroomのホワイトバランスはくせがあり、「昼光」に限らず、けっこう色温度が低いのが特徴のようです。

Lightroom「昼光」

↑ Lightroomでのホワイトバランス設定の画面です。色温度:5500、色かぶり補正:+10となっています。単位は不明です。


DMC-G7「昼光」

↑ DMC-G7側のホワイトバランス設定「昼光(デイライト/太陽光)」を、Lightroomでそのまま(「撮影時の設定」)使って現像した写真です。すっきり冷調です。

DMC-G7「撮影時の設定(昼光)」

↑ Lightroomでのホワイトバランス設定の画面です。色温度:4750、色かぶり補正:+18となっています。


DSCN1176

Lightroomの「昼光」を再現すべく、設定を変更します。DMC-G7のカスタムホワイトバランスの数値を変更しては撮影し、都度Lightroomで開けて(現像して)確認します。
G7の「色温度設定」と「(色かぶりの)調整」の値は、Lightroomと単位が揃っていないため、少しずつ数値を変えながら追い込んでいく必要がありました。


試した結果を念のため書き留めておきます。

G7:5500K/M:5 → Lightroom:5000/+38
G7:6000K/M:1 → Lightroom:5150/+22
G7:6500K/調整なし → Lightroom:5400/+17
G7:6600K/G:1 → Lightroom:5500/+14
G7:6600K/G:2 → Lightroom:5450/+13
G7:6700K/調整なし → Lightroom:5500/+18
G7:6700K/G:1 → Lightroom:5550/+14
G7:6700K/G:2 → Lightroom:5500/+13
G7:6700K/G:3 → Lightroom:5500/+10
G7:7000K/M:1 → Lightroom:5750/+22


DMC-G7のカスタムホワイトバランスの数値でLightroomの「昼光(5500/+10)」を再現するには、

色温度:6700K 調整:G:3

がドンピシャでした。

今後はこの数値で動画も撮影していこうと思います。


ちなみに、

DMC-G7の「曇り」は、Lightroomでは5300/+17(Lrの昼光よりもやや冷調)
DMC-G7の「日陰」は、Lightroomでは5850/+10(Lrの昼光よりもやや温調)

です。簡易的にG7側の「曇り」を使っても比較的似た数値になります。


全くの余談ですが、DMC-G7のセンサーはぜんぜん良くないですね。
以前テストしたOlympusのE-PL6と比べ、ノイズがかなり多いです。
動画撮影にしか使っていなかったので、気づきませんでした。


170719|追記 その後、設定値を自分好みに微調整して使っています。

Lightroomの自動ホワイトバランスは温調?

Lightroomの自動ホワイトバランスはややウォーム系に転ぶ。なぜだろう。なんか間違えたかな。

デジタルカメラのホワイトバランス(※1)を調べていたら、変なことに気づきました。

Lightroom(ver.3.6|Macintosh版)でのraw現像時(※2)、ホワイトバランス「自動」を選択すると、ニュートラルグレーではなくややウォーム系に調整されます。

KissDXで撮影。撮影時の(カメラの)自動ホワイトバランス

EOS Kiss DXで撮影。Lightroomで現像。rawファイルを撮影時のカメラのホワイトバランス(AWB)のまま現像。

KissDXで撮影。Apertureでホワイトバランス「自動」

EOS Kiss DXで撮影。比較のためApertureでraw現像。ホワイトバランス「自動」を選択。

KissDXで撮影。Lightroomでホワイトバランス「自動」

EOS Kiss DXで撮影。Lightroomで現像。ホワイトバランス「自動」を選択。

GF2で撮影。撮影時の(カメラの)自動ホワイトバランス

Lumix DMC-GF2で撮影。Lightroomで現像。rawファイルを撮影時のカメラのホワイトバランス(AWB)のまま現像。

GF2で撮影。Apertureでホワイトバランス「自動」

Lumix DMC-GF2で撮影。比較のためApertureでraw現像。ホワイトバランス「自動」を選択。

GF2で撮影。Lightroomでホワイトバランス「自動」

Lumix DMC-GF2で撮影。Lightroomで現像。ホワイトバランス「自動」を選択。


普通に考えれば全て「ニュートラルグレー」に調整しそうなものですが、Lightroomだけが明らかに温調です。

理由はよくわかりません。単に私が環境設定を間違えていじってしまったのでしょうか。


※1 レンズの前に乳白色のフィルターを付け、光源(太陽)に向けて撮影しました。豆腐のパッケージをフィルターとして使っています。

グレー撮影用フィルター

※2 Lightroom 4(試用版)でも同じでした。また、タイトルからバージョンを削除しました。

(プリセットの)ホワイトバランス

各社のデジカメの昼光プリセットのホワイトバランスを調べてみました。メーカーごと、カメラごとに異なります。

気になったので簡単な検証。各社のデジタルカメラのホワイトバランス設定を調べてみました。

プリセットの「昼光(デイライト/太陽光)」で撮影した(と思われる)rawファイルを(いろんなところからかき集め)Adobe Lightroomで開いて確認しました。
「ホワイトバランス:撮影時の設定」をキャプチャーしています。


PanasonicのFX150です。4750K(+色かぶり補正)です。


OlympusのE-300です。4900K(+色かぶり補正)です。


Sonyのα350です。4900K(+色かぶり補正)です。


NikonのD90です。4950K(+色かぶり補正)です。


OlympusのE-520です。4950K(+色かぶり補正)です。


PanasonicのGF2です。4950Kです。


CanonのEOS 50Dです。5100K(+色かぶり補正)です。


CanonのPowershot G10です。5100K(+色かぶり補正)です。


CanonのEOS Kiss DXです。5150K(+色かぶり補正)です。


PanasonicのGH1です。5250K(+色かぶり補正)です。


PentaxのK-20です。5300K(+色かぶり補正)です。


SigmaのSD14です。5400Kです。


AdobeのLightroomのプリセット「昼光」です。5500K(+色かぶり補正)です。raw現像時にはこちらに変換してしまうことが多いです。


CanonのPowetshot G6です。5500K(+色かぶり補正)です。

結論はありません。メーカーごと、世代ごと、カメラごとにかなり異なります。収斂していく気配もないようです。

Lightroomでraw現像テスト

古いカメラ+安いキットレンズの組み合わせですが、Lightroomで丁寧にraw現像したところ、かなりの効果がありました。

しばらく使っていなかった古い一眼レフを持ち出して、簡単なテスト撮影と現像を行ってみました。

_MG_1499_撮って出し

_MG_1499_raw現像

上:jpg撮って出し
下:Lightroomでraw現像

EOS Kiss DX(2006年9月発売)にEF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS(2007年9月発売)を付けて撮影しています。広角端18mm、ISO100、f/8.0、1/160秒です。

Jpeg+rawで撮影し、rawの方をAdobe Photoshop Lightroom 3.6で現像しました。自動補正でトーンを整えた後、コントラストを下げています。撮影時のホワイトバランスはEOS本体プリセットの太陽光(5150K)でしたが、Lrプリセットの昼光(5500K)に変更しています。

原寸比較1

上:jpg撮って出し
下:Lightroomでraw現像

等倍で切り出して比較しています。撮って出しの方はごくわずかに虹色の斑(ムラ)があります。jpgノイズのようです(Lrの方は比較の為にTiffで書き出しています)。Lr現像の方は壁面のタイルの目地が明瞭になるようにシャープネスをかけ直しています。パラメータ最小の半径0.5pxで行い、かけ過ぎを注意しながら処理したので「線が太い」印象はないと思います。

原寸比較2

上:jpg撮って出し
下:Lightroomでraw現像

撮って出しの方には盛大に色収差が発生しています。Lr現像時に色収差補正をかけたところかなりきれいに取れました。LrにはCanonなど各メーカーの主要なレンズの補正データがプリセットされているのでけっこう簡単に処理できます。

原寸比較3

上:jpg撮って出し
下:Lightroomでraw現像

諧調、シャープネス、色収差を補正したところ、周辺部もかなりクリアな印象になりました。


まとめ+補足

古いカメラ+安いキットレンズの組み合わせですが丁寧に現像したところかなりの効果がありました。わりと満足です。(現像するヒマがあるときは)やっぱりraw撮影がいいですね。新しいカメラを買うのはしばらく我慢しようと思います。

最新のカメラは内蔵の現像エンジンが進化しているはずなので、ここまでの改善はないかもしれません。また、キットレンズでなくそれなりにいいレンズを使えば色収差などもここまでひどくはありません。

周辺光量補正、歪曲収差補正、ノイズリダクションのテストなどは今回は行っていません。時間があればまたやってみたいと思います。ちなみにLrのノイズリダクションはかなり充実しているので、古いカメラでもISO800〜1600がそこそこ実用になります。新しいカメラを買うのはしばらく我慢しようと思います。

新しいカメラを買うのはしばらく我慢しようと思います。