Flicker Free

Neat Videoを導入し、動画のノイズ低減については一旦解決しました。
ですが、ノイズが減った分、今度はフリッカー(照明のちらつき)が気になってきました。

Nikon1のraw30連写はプログラムモードオンリーで、シャッタースピードはマニュアルでは設定できず、暗いところでも1/60までしか下がりません。人工光の環境では東京電力の50Hzと干渉してほぼ必ずフリッカーが発生してしまいます。


ググってみたところ、フリッカー低減にはPremiere Pro CCの「エコー」エフェクトが役に立つという情報を見つけました。試してみました。

  • エコー時間: -0.033(1/30秒)
  • エコーの数: 2
  • 開始強度: 1
  • 減衰: 0.50
  • エコー演算子: 後ろに合成

基準のフレームに対して直後のフレームを0.5、その次のフレームを0.25重ねてる、ということなのでしょうか。確かにフリッカーはキレイに消えましたが、フレームの重なり(エコー2回分)により動体に残像がまとわりつくようになってしまいました。

エコーエフェクトによる残像

動きもの全てに残像が入るのはちょっといただけません。


さらにググると、Flicker Freeというプラグインがあり、こちらが良さそうです。
有償のプラグインなので、まずは試用版を使ってみました。

  • 「Rolling Horizontal Bands (LED lights)」をデフォルトで適用しています。
  • 試用版なので斜めの格子が入っています。

画質の低下もさほどせず、フリッカーはきれいに消えました。残像もありません。
149ドルとちょっと高めですが、近日中に購入しようと思います。


171106|追記 購入しました。斜めの格子がとれました。

Neat Video

動画のノイズリダクション用のプラグイン、Neat Videoを入手しました。

巷の評判もよく、価格も割と手頃です(4K対応版で99.9ドル|Premiere用)。
さっそく手持ちの4K動画に適用してみました。
設定はほぼデフォルト、参照する前後のフレームは5(最大値)としています。

注意:YouTubeをFHDで観る限りは、ほとんど効果はわかりません。右下の歯車アイコン[設定]から[画質]を2160p(4K)に変更してください。


以前、DMC-G7の(カメラ内)ノイズリダクション設定を検証した動画に追加で適用したものです。
解像はさほど落ちず、シャドウ部のざわつきが大幅に抑制されているのがわかります。
カメラ側の設定はNR:最低とし、編集時にNeat Videoを適用、の組み合わせでいけそうです。


Nikon1のraw30連写で作成した動画に適用したものです。
Lightroomでの現像時ではノイズリダクションは0(オフ)とし、編集時にNeat Videoを適用しました。
暗部が落ち着いて静かな印象になりました。
フリッカーがきついですが、こちらはノイズとは関係ありません。


大変満足です。パラメータを追い込めば、もっと良くなるかもしれません。

Nikon1 V1でraw4K動画。

2014年の春にNikon1 V1を安値で購入(※1)し、散歩の合間に4K動画を撮っていました。

Nikon1 V1は電子シャッターによる高速連写が可能なカメラで、rawによる30fps/60fpsの連続撮影が最大30枚(※2)まで可能です。音声無しながら4Kの動画(※3)が1秒(60fpsなら0.5秒)撮れるのです(※4)。

撮影後、Lightroomで現像してjpgで書き出します。その後、QuickTime Player7(PRO版)を使って静止画のシーケンスを動画に変換し、Final Cut Pro Xで編集しました(※5)。BGMはVimeoのミュージックストアから購入したものを使っています。

時間はむやみにかかりますが、とても楽しいです。

Nikon1 V1は2011年秋に発売されたカメラで、このカメラを使った4K・raw動画の撮影はおよそ2012年頃から話題になっていました。2013年にはマスターピース的な作品が出ましたが、2014年にはカメラメーカー各社から4K撮影のできるコンパクトデジタルカメラやアクションカムが出てきたので、それ以降は特に盛り上がることなく、今に至っています。

とはいうものの、rawで4K動画が撮れるカメラは民生用ではまだ存在しません。また、60fpsで4K動画を撮影できるカメラも存在しません。まだしばらくは楽しめると考えています。


※1. ホワイトの広角レンズキットが30,000円でした。2014年に買ったカメラはこれだけです。
※2. V2以降のVシリーズは40枚連写が可能になりました。Jシリーズは20枚までです。
※3. 10.1Mpixel/3:2のセンサーなので、やや縮小+上下カットで4K(2160p)にしています。
※4. 30fps連写を24fpsの動画に変換しました。ほんの少しスローモーションの1.25秒の動画となります。
※5. AdobeのAfterEffectsなら、rawのシーケンスから直接取り込んで動画を作成・編集できます。この方が高画質なはずですが、AEはプライベートでは持っていないもので……。