Olympus E-M10 Mark III ピクチャーモード比較 01

E-M10 mk3の画質設定について試行錯誤しています。

場当たり的にでなく体系的に把握したかったので、基本5種類のピクチャーモードのすべてを同じ条件で撮影・比較してみました。

  • シャープネス:-2(最低値)
  • 階調:標準
  • コントラスト:±0
  • 彩度:±0
  • ハイライト:±0
  • シャドウ:±0
  • ピクチャーモード「i-Finish(i-Enhance)」の効果は「標準」です。
  • 「高感度ノイズリダクション」はOFFにしています。
  • ホワイトバランスは昼光です。微調整(A+1 G-1)しています。
  • 露出はオート(評価測光)です。露出補正はしていません。

どのカットもメリハリの強い、家庭用ビデオカメラのような絵作りです。元気がある、迫力がある、とも言えます。

ただ、あまり好みではありません。

Lumetriスコープ13

Premiere CCの編集時にLumetriスコープを確認したところ、大半のカットで白飛びが発生していました。黒つぶれも多数発生しています。輝度差の大きい撮影モチーフを多く選んだせいもありますが、どれも中域のトーンは少なく、階調は上端・下端に集中しています。

最もコントラストの低い、ピクチャーモード「Flat」のカットのみを選び、Adobe Premiere CCにて、補正してみました。

ハイライト:-40
シャドウ:+20

しています。

残念ながら、ハイライトが白とびしている箇所、シャドウが黒つぶれしている箇所については、いくら補正しても戻ってきません。

撮影時の設定で対応する必要があります。

「Olympus E-M10 Mark III ピクチャーモード比較 01」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。