好みの階調/目指す階調

カメラの故障でピクチャーモードの比較撮影が中断しています。

せっかくなので、好みの画質のYouTube動画を確認しながら、どんな風な画質にして行きたいか、を考えてみました。


[4k] NOKTON 4Lenses with GH4
基本は「撮って出し」、グレーディング無しで使える綺麗な画質を目指しています。
彩度もあまり落としたくありません。
log収録をしないとなると、白飛び・黒潰れのどちらかはある程度割り切って許容しなければなりません。

こちらの動画は何度見ても綺麗です。GH4のCineLikeDをベースに、彩度やハイライト・シャドウを調整していると思われます。意外とデフォルトに近いかもしれません。

[4k]  NOKTON 4Lenses with GH4-01

[4k]  NOKTON 4Lenses with GH4-02


Canon Log 3 適正露出/2トップオーバー【キヤノン公式】
log収録には当分手を出さないつもり(そもそも対応カメラを所有していない)ですが、「logの撮って出し」の柔らかな映像は気になります。
業界の人間ではないので、流行りが終わったかどうか(そもそも流行ったのか?)はわかりませんが、ある意味「枯れたスタンダード表現」として残るように思います。

ところで、2段オーバーで撮影する必要はあるのでしょうか。適正露出で撮影して、後から肌色に合わせて露出を補正すればいいと思うのですが。

Canon Log 3  適正露出/2トップオーバー【キヤノン公式】


[NEW] Panasonic LUMIX GH5S 4K
メーカー公式の動画はカメラ性能をスポイルする表現は避けられていると思うので、「高画質」な動画として参考になります。

けっこう狭いレンジ(輝度幅)で表現しているのですね。

[NEW] Panasonic LUMIX GH5S 4K


Panasonic LUMIX GH5S | Hands-On Field Test in Slovenia
こちらも参考になります。「あ〜、これこれ。こんなトーンで撮影してみたい」というカットが何箇所か出てきます。

Panasonic LUMIX GH5S | Hands-On Field Test in Slovenia


Taylor Swift – Shake It Off
ホワイトバランスもニュートラルで「高画質!」な感じです。ハイエストライトから完全な黒まで、トーンをフル活用している印象があります。

アメリカのショウビズ職人が、淡々とプロフェッショナルに作成した感じ。演出含め、すごく醒めた、ビジネスライクな印象のMVです。

Taylor Swift - Shake It Off


10 Cloverfield Lane Official Trailer #1 (2016) – Mary Elizabeth Winstead, John Goodman Movie HD
「カラーグレーディングのためのカラーグレーディング」は鼻につくので大嫌いなのですが、ハリウッド映画は大体きちんとしています。
ミックス光の色転びを強調する形での、「根拠のある」色付けなので、鑑賞中に変に意識することもありません。

全編ほぼ地下室ですが、カラフルな印象があります。壁紙のセレクトのセンスとかでしょうか。

10 Cloverfield Lane Official Trailer #1 (2016) -  Mary Elizabeth Winstead, John Goodman Movie HD