「水道管式」スタビライザー

今年(2017年)の夏にビデオスタビライザー「クランプ式」を制作しました。
その際、DIYスタビライザーを作るきっかけとなった2009年の記事、「14ドルで作るビデオカメラスタビライザー」を思い出しました。当時から8年ほど経ってしまいましたが、今回作ってみました。

◎制作にあたっては、改良型のFinalCutKingの動画「15ドルのDIYステディカム」を参考にしています。

DSCN1437
こんな感じの外観です。材料はすべて地元のホームセンター、島忠で購入しました。
「15ドル」ではとても買い揃えられず、パイプ(「ロングニップル1/2」)や継手(「キャップ」や「チーズT」)だけで3,000円ほどかかっています。
グリップ部にはスポンジ製のパイプをはめています。1個250円くらいのものです。

DSCN1446
クイックシューは中国製の安くて丈夫なもの(Amazonで1,000円ちょっと)を使いました。

DSCN1440
平たい板に垂直にパイプを取り付けるソケット(「座付L型ソケット」)が一番高価でした。これだけで1,580円しました。モノタロウなどで購入すればもっと安く済むはずですが、購入してみるまでは名称すらわかりません……。

DSCN1439
ベースとなる合板の端材は10円でした。

DSCN1445
四角いものを購入したので、横にしてもハンドルを立てておけます。丸型を買わなくてよかった……。

DSCN1442
30cmのパイプ2本にハンドルです。E-M10にはこのくらいの組みあわせがちょうど良いようです。

DSCN1427
重量バランスを取るために鉛粒(1kgで2,000円ほど)をパイプの中に入れるつもりで購入しましたが、特に必要なさそうです。

DSCN1443
30cmのパイプと50cmのパイプにハンドルです。長い管を使った方が安定性は増すのですが、長すぎると使っている時に結構な確率で足で蹴ってしまいます。

先日の「クランプ式」もそうですが、作ったはいいのですが、まだテスト撮影していません。

Olympus E-M10 Mark IIIのプリセットホワイトバランスのカスタマイズ

Olympus E-M10 Mark IIIの動画のテスト撮影を始めていますが、どうも色調が気に入りません。プリセットのホワイトバランスをカスタマイズしてみました。

E-M10側のプリセットのホワイトバランスで撮影したrawファイルをLightroomの「撮影時の設定」で開けると、色温度表示はこんな感じです。

EM-10晴天
EM-10プリセットホワイトバランス 晴天:5000/+7

EM-10曇天
EM-10プリセットホワイトバランス 曇天:5750/+5

EM-10日陰
EM-10プリセットホワイトバランス 日陰:7250/-3

EM-10電球
EM-10プリセットホワイトバランス 電球:2700/+5

EM-10蛍光灯
EM-10プリセットホワイトバランス 蛍光灯:4300/+59

一方、静止画のraw現像で普段から使っているLightroomのプリセットホワイトバランスはこんな感じです。

Lr昼光
Lightroom 昼光:5500/+10

Lr曇天
Lightroom 曇天:6500/+10

Lr日陰
Lightroom 日陰:7500/+10

Lr白熱灯
Lightroom タングステン-白熱灯:2850/±0

Lr蛍光灯
Lightroom 蛍光灯:3800/+21

Lightroomのプリセットのホワイトバランスは全体的にウォーム系です。こちらの方が好みなので、E-M10のプリセットの値を調整します(※1)。

DSCN1435

数値を調整して撮影し、都度Lightroomで開いて確認します。変更後の数値がLightroomのプリセットに近づくよう、追い込んでいきます。

EM-10晴天_A+3_G±0
EM-10晴天を調整:A+3/G±0

EM-10曇天A+3_G-1
EM-10曇天を調整:A+3/G-1

EM-10日陰A+1_G-2
EM-10日陰を調整:A+1/G-2

EM-10電球A+4_G+1
EM-10電球を調整:A+4/G+1

EM-10蛍光灯A-2_G+5
EM-10蛍光灯を調整:A-2/G+5

完璧に同じ値にはなりませんが、カメラ本体でLightroom風の色温度を選択できるようになりました(※2)。
こちらを使ってテスト撮影を続けようと思います。

DSCN1433


※1 Panasonic DMC-G7にはプリセットホワイトバランスの調整機能はありません。「カスタムホワイトバランス」にLightroomの「昼光」と同じになる数値を登録して使っています。

※2 オート(AWB)とフラッシュの色温度は調整していません。

Olympus E-M10 Mark IIIの動画撮影時のクロップ量

Olympus OM-D E-M10 mkIII 4Kクロップ量比較

動画撮影用にOlympus OM-D E-M10 Mark IIIを購入しました。
まずは4K動画撮影時のクロップ量(※1)を調べてみました。

手ぶれ補正モード:オフまたはM-IS2の場合

4K動画撮影時でもセンサーのフル幅を使用します。左右のクロップはありません。
静止画4608*3456の上下をカットした、4608*2592のエリアから、4K動画(3840*2160|4K UHDTV)を生成します。

広角レンズをそのまま広角レンズとして使えるので、大変ありがたい仕様です。以前使っていたDMC-GH4DMC-G7では、4K動画撮影時にはそれなりにクロップが発生していました(※2)。

また、クロップなしのままでセンサーシフト式の強力な手ぶれ補正(M-IS2モード)が効くので大変助かります。

静止画撮影時との対角の比は約1.0895となります。例えば12mmのレンズは13.1mm相当になります。35mm換算で26.2mmほどになります。

手ぶれ補正モード:M-IS1の場合

センサーシフト式と電子式を併用したモード(M-IS1)では、画面中央部(実測値3866*2174|ほぼ4Kのdot by dot)にクロップされる代わりに、さらに強力な手ぶれ補正となります。

静止画撮影時との対角の比は約1.2986となります。例えば12mmのレンズは15.6mm相当になります。35mm換算で31.2mmほどになります。

手ぶれ補正の効き具合を確認しながら、どちらのモードで利用するか検討しようと思います。


※1 FHDで撮影した場合もクロップ量は全く同じのようです。
※2 センサーのフル幅で4K動画を撮れるモデルはやっと最近ぼつぼつ出始めましたが、どれも10数万円以上のハイエンド機ばかりです。